ビアトリクス・ポターの絵本

ピーターラビットの絵本シリーズ

この小さな絵本シリーズは英国のビアトリクス・ポター(Beatrix Potter, 1866−1943)の作品です。これらの絵本は全部で23冊のシリーズになっています。最初の作品は101年前に出版された、シリーズの第1作、世界中で親しまれているThe Tale of Peter Rabbit (『ピーターラビットのおはなし』)です。

ポターは生涯、自然とともに生きた女性で、幼いときから自然や生きものを徹底的に観察し、写実的に描きました。また彼女の作品には舞台として、彼女が暮らしていた湖水地方の自然の風景や建物が描いてあり、登場者はこの地方に生きていた動物がモデルとなっています。また作品の中に、彼女が飼っていたペットのウサギやハリネズミなども登場します。

このたび出版社のご協力を得て、全作品を電子データ化することができました。ネット上で、全作品の表紙を見ることができます。図書館の貴重資料室では、研究用にイラストレーションとテクストを詳しく調査できるようになっています。 本大学図書館にはシリーズ23冊の英語版、日本語版、また初版本を含む貴重な古書などもそろえてありますので、関心のある方は、図書館で実際に作品を手にとって見て下さい。